うでん 우댕
A
昨日観たのはグザヴィエ・ドラン「たかが世界の終わり」。ドラン作品は初めて。12年ぶりに帰ってきた実家、主人公の口数の少なさに不安を覚えあることないこと口走ってしまう家族たち。人と人との通じ合えなさを噛み締め続ける。ひたすら口論をし続ける家族を撮っているだけなのに飽きなかった。顔を覆い隠すような暗い影が印象的だった。
01:52 AM - Sep 18, 2023
0
0
0

 

{{ notificationModalContent }} {{ promptModalMessage }}